児童発達支援管理責任者、通称「児発管」は、人員配置基準により、児童発達支援施設に必ず1名配置される事になっています。
ところで、この児発管とは、普段どのようなお仕事をしているのでしょうか。
今回は、児発管の仕事内容から実務用件まで、一挙にご紹介していきたいと思います。






児発管の仕事内容とは?

児童発達支援管理責任者は、児童福祉法に定められた施設において、児童の発達の課題を把握しながら個別支援計画を策定し、一人ひとりのニーズに合った支援や集団療育の企画・管理を行うお仕事です。

働く事のできる施設は、児童発達支援事業や児童発達支援センターの他にも、放課後デイサービス、保育所等訪問支援、医療型障害児入所施設、福祉型障害児入所施設があります。

主な仕事内容は、支援計画の作成、保護者との相談支援、他の指導員への助言や指導、そして、利用者へのアセスメントやモニタリングがあります。
では、アセスメントやモニタリングとは何なのでしょうか、もう少し深く言及してみましょう。

アセスメントとは

アセスメントとは、利用者に関する情報の収集や分析を行い、自立可能な日常生活を営むために解決すべき課題を把握する事です。
その中には、実に様々な情報があります。
例えば、これまでの生育暦、現在の家庭環境、学校での様子、心理検査、発達検査、医療歴や診断、学校の成績などが挙げられます。
こうした情報の中から、一人ひとりに合った課題を見出していく力をアセスメント力と言い、これはまた、今後の福祉の大きな課題でもあります。

モニタリングとは

モニタリングとは、相談支援の中で支援計画から状況把握を行い、決められたサービスや支援が計画どおり提供されているかどうか、サービス提供者と利用する側双方が確認する事です。
モニタリングの際、サービス提供者は、これまでのサービスの提供状況を踏まえ、課題の達成度や発見といった情報を積極的に述べる事が大切です。
定期的にこのモニタリングをする事になっていますが、子どもの状態や家庭状況等に変化があった場合も、適宜モニタリングを行う事が望ましいとされています。

このように、児発管は、様々な知識や経験を問われる他にも、利用者への対応能力や、施設スタッフに対する管理能力が求められます。

実務要件について

では、児発管になるためにはどうすればよいのでしょうか。
実は、平成29年に運営基準の改正があり、ガイドラインによると、支援内容の適正化により専門性が高まっています。

旧実務要件は、
・相談支援業務における実務経験(5年以上)
・直接支援業務における実務経験(10年以上)
・有資格者の相談、直接支援業務における実務経験(必要年数は資格により異なる)
という内容でしたが、改正後の新実務要件は、
・実務要件と保育所等の児童福祉経験(3年以上)
となっています。

つまり、児発管の資格をとるためには、障害者・児、児童への3年以上の支援経験が必須になるという事です。
ただし、実務要件が「障害者・児、児童への支援経験」に該当する場合は、年数を兼ねる事ができます。

まとめ

今回は、児発管の仕事内容から実務用件までを、一挙にご紹介していきました。
児発管とは、座学だけでなく、資格習得後に実務経験を積む必要があるという事がわかりましたね。
大成するまでに数年かかりますが、大きな社会貢献にもなる尊いお仕事ですから、今後の子供たちのためにも、その門をたたいてみませんか?