児童発達支援とは

障害児通所支援の一つで、小学校就学前の6歳までの障害のある子どもが主に通い、支援を受けるための施設です。 日常生活の自立支援や機能訓練を行ったり、保育園や幼稚園のように遊びや学びの場を提供したりといった障害児への支援を目的にしています。

発達に遅れや発達障害のお子様への支援

発達障害とは、アスペルガ-症候群(ASD)、学習障害(LD)、自閉症、注意欠陥多動性障害(ADHD)など、障害の総称として使われていたりしてます。

発達障害は、ギフテッドなど一つのことに長け才能を発揮して社会で活躍されている方も多くいる半面、なかなか適応できなく悩んでいる方もいます。児童発達支援事業所は、発達障害の子供さんが幼少期に療育を受けることによりいい面を伸ばし、成長を育む場なっています。

児童発達支援の経緯の現状

平成24年の児童福祉法改正において、障害のある子どもが身近な地域で適切な支援が受けられるように、従来の障害種別に分かれていた施設体系が一元化され、この際、児童発達支援は、主に未就学の障害のある子どもを対象に発達支援を提供するものとして位置づけられました。

児童発達支援や放課後等デイサービスのコラム

あおり運転厳罰化!送迎サービスを実施している事業所さんへ

あおり運転の厳罰化

「あおり運転」の厳罰化が6月30日よりスタート致しました。送迎サービスを実施している事業所さんにおかれましては、送迎員さんに改めて安全運転の確認と巻き込まれてしまった時の対処をご案内いたします。 あおり運転厳罰化について […]

放課後等デイサービスの人材不足改善に在宅ワーカーの活用が注目されてます。

ここ数年は、福祉や介護だけでなく、規模の大小にかかわらず、あらゆる職種の企業で、人材不足の不足がささやかれてます。 求人を募集しても、なかなか応募がなく、少ない事業所のスタッフでやりくりしているのが現状です。 さらに、管 […]

働き方は変わり、 もはや終身雇用制度では 雇用ができない時代に!

令和に入りましたが、昭和・平成と日本社会における労働者は、終身雇用という形で安定して働いていました。 しかし、現在の状況はみなさんにとって、どう見えるでしょうか? 定年まで収入を保障してくれる企業は、その役割を果たせなく […]

これから多様化する令和時代の働き方について

突然ですが、みなさんは今の働き方に満足していますか? 近年は、オフィスに出向いて働くという一般的な考え方が、崩れつつありますよね。 柔軟な働き方が認められている企業がある一方で、自分には関係ないと思っている人もいるでしょ […]

児童発達支援の教室で欠かせない保育士さん。保育士試験について

児童発達支援の教室で欠かせない保育士さん。保育士試験について

現在、待機児童の問題で新たに保育所を開設されたり、企業内保育所、そして児童発達支援の事業所など活躍の場がどんどん広がっているのが保育士さんです。 保育士さんになるにはどうすればいいの? ここでは、保育士試験について簡単に […]

児童発達支援における保育士の役割と仕事内容

児童発達支援における保育士の役割と仕事内容

保育士といえば、認定こども園や保育園、幼稚園などで働くイメージが強いでしょう。 しかし、それだけではありません。 今、児童発達支援において、保育士の需要が高まりつつあるのです。 そこで今回は、児童発達支援における保育士の […]

都道府県別の施設情報

児童発達支援施設、放課後等デイサービスおよび保育所等訪問支援の全国各地の施設を探して頂けます。
ご掲載の施設情報は、独自収集のもの、都道府県や政令指定都市の公開情報、各施設からの情報提供に基づいて掲載しております。

北海道・東北

関東

北陸・甲信越

東海

関西

中国・四国

九州・沖縄