児童発達支援とは

障害児通所支援の一つで、小学校就学前の6歳までの障害のある子どもが主に通い、支援を受けるための施設です。 日常生活の自立支援や機能訓練を行ったり、保育園や幼稚園のように遊びや学びの場を提供したりといった障害児への支援を目的にしています。

発達に遅れや発達障害のお子様への支援

発達障害とは、アスペルガ-症候群(ASD)、学習障害(LD)、自閉症、注意欠陥多動性障害(ADHD)など、障害の総称として使われていたりしてます。

発達障害は、ギフテッドなど一つのことに長け才能を発揮して社会で活躍されている方も多くいる半面、なかなか適応できなく悩んでいる方もいます。児童発達支援事業所は、発達障害の子供さんが幼少期に療育を受けることによりいい面を伸ばし、成長を育む場なっています。

児童発達支援の経緯の現状

平成24年の児童福祉法改正において、障害のある子どもが身近な地域で適切な支援が受けられるように、従来の障害種別に分かれていた施設体系が一元化され、この際、児童発達支援は、主に未就学の障害のある子どもを対象に発達支援を提供するものとして位置づけられました。

児童発達支援や放課後等デイサービスのコラム

児童発達支援における保育士の役割と仕事内容

保育士といえば、認定こども園や保育園、幼稚園などで働くイメージが強いでしょう。 しかし、それだけではありません。 今、児童発達支援において、保育士の需要が高まりつつあるのです。 そこで今回は、児童発達支援における保育士の […]

児童発達支援管理責任者とは?~仕事内容から実務用件まで一挙にご紹介!~

児童発達支援管理責任者、通称「児発管」は、人員配置基準により、児童発達支援施設に必ず1名配置される事になっています。 ところで、この児発管とは、普段どのようなお仕事をしているのでしょうか。 今回は、児発管の仕事内容から実 […]

児童発達支援施設ではどのような人たちが働いている?~人員配置基準について~

障がいのある未就学児にとって、初めの一歩を踏み出す場所が児童発達支援施設です。 ところで、児童発達支援施設ではどのような人たちが働いているのでしょうか。 様々な困りごとを抱えている我が子だからこそ、人員配置基準などが気に […]