放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービスは、小学校入学~高校卒業(6~18歳)までの発達に特性のあるお子様や障害のある就学児向けの学童保育のようなサービスです。放課後等デイサービスは施設の設備、目的、提供されるサービスは多岐にわたり、療育をやっているところや運動に特化したところなど様々です。個別療育や集団活動を通して、家と学校以外の居場所やお友だちをつくることができるので“障害児の学童”とも表現されてます。

放課後等デイサービス(ほうかごとうでいさーびす)とは、児童福祉法を根拠とする、障害のある学齢期児童が学校の授業終了後や学校休業日に通う、療育機能・居場所機能を備えた福祉サービス。「障害児の学童保育」とも呼ばれる。略して「放デイ」。

かつては個別の障害福祉法を根拠としていたが、法改正によって障害者総合支援法が根拠となり、未就学児童は児童発達支援事業、学齢期児童は放課後等デイサービスに分かれ、身体・発達・精神などの種類にかかわりなく障害児が利用できるようになった(現在は児童福祉法に移行)。民間事業者の参入も進んでおり、利用者の選択肢が増えている。

これらサービスの利用には、利用者が市町村に対して申し込む必要がある。決定されると障害児通所給付費及び特例障害児通所給付費が支給される(法21条の5)。wiki

対象となるのは!

原則として6歳から18歳までの就学児童で、障害手帳、療育手帳(※「愛の手帳」「みどりの手帳」と呼ぶ地域もある)、精神障害者保健福祉手帳などの手帳を所持する児童。
または、発達の特性について医師の診断書がある児童が利用している施設です。

とはいいますが、療育手帳や障害者手帳がなくても、専門家(医師等)よりの意見書などを提出し、療育の必要があると認められた児童が通うことができます。

お子さまの気になることは、相談するとことが始まりです。

  • 周囲が気になって収集するのが苦手
  • こだわりが強い
  • なんでもなさそうなことに癇癪(かんしゃく)を起こしてしまう。
  • 学校に行くことが出来ずに不登校になり気味である。
  • 周囲の空気を読むのが苦手である。

支援の内容

療育について

日糧の生活で必要な能力の養成、円滑なコミュニケーションを養うトレーニングを行ったり、就労の準備や訓練を行ったりします。

それぞれの施設には特徴があり、ABA、TEACCH、 感覚統合療法、 PECSなどの専門的な療育を実施しているところもあります。

放課後等デイサービスの基本的役割

1.子どもの最善の利益の保障

放課後等デイサービスは、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第6条の2の2第4項の規定に基づき、学校(幼稚園及び大学を除く。)に就学している障害児に、授業の終了後又は休業日に、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進その他の便宜を供与することとされている。放課後等デイサービスは、支援を必要とする障害のある子どもに対して、学校や家庭とは異なる間、空間、人、体験等を通じて、個々の子どもの状況に応じた発達支援を行うことにより、子どもの最善の利益の保障と健全な育成を図るものである。

2.共生社会の実現に向けた後方支援

放課後等デイサービスの提供に当たっては、子どもの地域社会への参加・包容(インクルージョン)を進めるため、他の子どもも含めた集団の中での育ちをできるだけ保障する視点が求められるものであり、放課後等デイサービス事業所においては、放課後児童クラブや児童館等の一般的な子育て支援施策を、専門的な知識・経験に基づきバックアップする「後方支援」としての位置づけも踏まえつつ、必要に応じて放課後児童クラブ等との連携を図りながら、適切な事業運営を行うことが求められる。さらに、一般的な子育て支援施策を利用している障害のある子どもに対して、保育所等訪問支援を積極的に実施する等、地域の障害児支援の専門機関としてふさわしい事業展開が期待されている。

3.保護者支援

放課後等デイサービスは、保護者が子どもを育てることを社会的に支援する側面もありますが、より具体的には、以下のことを期待されています。

  •  家庭内での養育等についてペアレント・トレーニング等活用しながら子どもの育ちを支える力をつけられるよう支援すること
  •  子育ての悩み等に対する相談を行うこと
  •  保護者の時間を保障するために、ケアを一時的に代行する支援を行うことにより、保護者の支援を図るものであり、これらの支援によって保護者が子どもに向き合うゆとりと自信を回復することも、子どもの発達に好ましい影響を及ぼすものと期待される。

児童発達支援や放課後等デイサービスのコラム

児童発達支援における保育士の役割と仕事内容

保育士といえば、認定こども園や保育園、幼稚園などで働くイメージが強いでしょう。 しかし、それだけではありません。 今、児童発達支援において、保育士の需要が高まりつつあるのです。 そこで今回は、児童発達支援における保育士の […]

児童発達支援管理責任者とは?~仕事内容から実務用件まで一挙にご紹介!~

児童発達支援管理責任者、通称「児発管」は、人員配置基準により、児童発達支援施設に必ず1名配置される事になっています。 ところで、この児発管とは、普段どのようなお仕事をしているのでしょうか。 今回は、児発管の仕事内容から実 […]

児童発達支援施設ではどのような人たちが働いている?~人員配置基準について~

障がいのある未就学児にとって、初めの一歩を踏み出す場所が児童発達支援施設です。 ところで、児童発達支援施設ではどのような人たちが働いているのでしょうか。 様々な困りごとを抱えている我が子だからこそ、人員配置基準などが気に […]